〒230-0072 横浜市鶴見区梶山2丁目38番11号  TEL.045-571-5055 FAX.045-571-8432
土地のこと 建物のこと FAQ 事務所案内 リンク集

 TOP >>> 土地建物まめ知識

まめ知識 >>> 昔は縄や竿で測量していました!
 登記簿に記載されている地積(面積)だけでは、実際の地積と大きく異なる場合があります。『登記簿の地積』と『実際の地積』が一致していて当然と思うかもしれませんが、昔は縄や竿で測量をしていたので地積に増減がある場合があります。間縄(けんなわ)間竿(けんざお)などを用い、一間(いっけん)の長さも藩や地方によって違いがあったようです。『登記簿の地積』に対して『実際の地積』が多い場合、その差を一般に縄延びといいます。

まめ知識 2 >>> 境界標を設置しましょう!
 皆さんの土地に境界標はありますか?境界標は、皆さんの大切な財産である土地の境界に設置します。境界がはっきりしないために、トラブルが発生する可能性があります。土地、建物を購入する時など境界標が正しく設置されているか必ず確認しましょう!正確な位置に境界標を設置し、大切に管理しましょう!

金属プレート

金属鋲
コンクリート杭
横浜市コンクリート杭
横浜市鋳杭
コンクリート杭
横浜市コンクリート杭
金属プレート

まめ知識 3 >>> 境界標は常に見えるようにしておきましょう!
 境界標はブロック塀や門柱のかど等に多く設置されています。ブロック塀等を設置する場合は、境界標が常に確認出来るようにしておきましょう。ブロック塀等で隠れてしまっていては、後々のトラブルの原因になる可能性があります。

まめ知識 4 >>> 地積測量図
 各筆の土地について求積された図面です。方位、所在、地番、求積の方法、地積、縮尺、隣接地の地番等が記載されています。土地分筆登記、土地地積更正登記等の申請に添付します。


まめ知識 5 >>> 土地筆界確認書
 土地と土地との筆界(地番と地番との境)が確定し、お互いが確認していることを証明するものです。お互いに署名、押印(実印の場合あり)し、印鑑証明書を添付する場合もあります。


まめ知識 6 >>> 建物図面・各階平面図
 建物の位置、形状、所在、家屋番号、方位、該当地の地番、隣接の地番、縮尺、各階の形状、床面積等が記載されています。建物表題登記(新築)、建物表題変更登記(増築等)等の申請に添付します。


まめ知識 7 >>> 義務ずけられている登記申請もあります
 建物を新築した時、所在・種類・構造・床面積が変更した時、取りこわした時、あらたに土地が生じた時、地目が変わった時等、所有者は登記の申請をしなければなりません。

まめ知識 8 >>> 土地の地目(ちもく)
 土地には、宅地・田・畑・山林・公衆用道路等の地目があります。登記簿の地目欄にそれぞれ記載されています。例えば、建物が建築されているのに宅地以外の地目になっている場合は、宅地への地目変更登記が必要です。

まめ知識 9 >>> 土地家屋調査士の資格って?
 土地家屋調査士の資格は、一身専属の資格であるから、この資格を貸与し他人をして調査士業務を取り扱わせるよう協力したり、援助することは出来ない。この場合、他人とは、法人等も含まれるものと解されることから、個人又は法人たるを問わず、他に調査士として雇用されて調査士業務を行うことは許されない。例えば、会員自身が法人の代表取締役であるとき、当該法人の事業として調査士業務を自ら行うことも違法である。両罰規定の結果、例えば、株式会社が不動産の表示の登記に必要な測量を業として行った時は、具体的な行為者が何年以下の懲役又は何万円以下の罰金に処せられるほか、その株式会社も何万円以下の罰金に処せられる。このことは、右株式会社の代表者が調査士であり、代表者自身が測量を行った場合でも同様である(土地家屋調査士法75条に「……その行為者を罰するほか、その法人又は人に対して各本条の罰金刑を科する」と規定されているのがその根拠となる。)。(民事月報 Vol.40 No.8 抜粋)
(日本土地家屋調査士会連合会 土地家屋調査士会会則モデル(解説)抜粋)
(法人:公共嘱託登記土地家屋調査士協会、土地家屋調査士法人を除く)
〜土地家屋調査士の皆さん、しっかりと守りましょうね!!〜

まめ知識 10 >>> 昔の土地権利証です。日本政府が発行したもので地券(ちけん)といいます。
地券には土地の所在、持主、地積、地價(地価)、地租が記載されています。

地券(明治時代の権利証、神奈川縣)表・裏
 
地券(長野縣)